2015年に開始予定の相続増税、基礎控除額が下がり
相続税の対象者が急増することが予想されます。


@ 基礎控除額(非課税枠)の縮小
相続税の基礎控除額とは相続資産から差し引ける非課税枠のことです。
2015年からは現在の「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」から
「3,000万円+600万円×法定相続人数」となります。


A 最高税率の引き上げ
相続税額は消費税増税に伴う、富裕層への課税強化の意味合いもあります。
そのため、相続税の最高税率は現在の50%から55%に引き上げられます。


例えば法定相続人が2人の場合、現在では7,000万円以内であれば無税でしたが
2015年1月以降は、無税枠の上限は4,200万円まで下がってしまいます。


親の遺産が少ない、相続人同士で話し合いがついている。
そんな状況であっても相続税や遺産分配を巡るトラブルは発生します。
相続なんてウチには関係ないとは、言い切れない時代に
なってきているのかも知れませんね。



加藤武