「出向」(在籍出向)も「派遣」も元の会社に在籍しながら、他の会社の指揮命令下で就労することは共通しており、外形的に見ると差異はないことになりますが、実は全く別物です。


厚生労働省の解釈では
「出向」とは出向元と出向先の両方で二重の労働関係が成立するものであるとされています。
つまり、出向先は単なる指揮命令権のみでなく雇用関係=人事権も有することになります。
ただし、人事権を得るといっても、その従業員を解雇させたり、転職させるといった権限は
出向元の会社にあるのです。


これに対して、「派遣」の場合は派遣元との間にのみ労働契約関係(雇用関係)を有する事になり
派遣先との間には指揮命令を受けるだけで、雇用関係と使用関係が分離されています。


また、仕組みが違うということは税金関連でも違いが出てきます。


出向者の給与を負担するのは、出向元、出向先それぞれ色々なケースがありますが
出向先が給料の一部または全部を負担する場合
出向先から、出向元へ出向者の給与負担金が支払われます。
一見この給与負担金は外注費などと同じく、消費税が課税対象になり、支払った事業者の方は
課税仕入れとなりそうですが、出向が、出向先と労働者との間でも労働契約が交わされているものであるため、通常の労働者と同様消費税は課税対象にはなりません。


一方、「派遣」の場合には、人材派遣会社がその使用人を他の会社に派遣するもので
出向の場合と異なり、派遣された使用人の雇用関係は人材派遣会社との間にしかありません。
したがって人材派遣会社が受け取る人材派遣の対価は消費税が課税の対象となり
支払った事業者の方は課税仕入れとなります。


出向と派遣の実態は区分しがたい部分がありますが
出向のつもりが派遣法に抵触して違法派遣とならないよう、その関係には十分気を付けて
いただければと思います。



上野