2014年から少額投資非課税制度NISA(ニーサ)がスタートしました。
『NISA』って聞くけど・・・いったい何なNOSA(ノーサ)?
という事で、今回はNISAについて調べてみました。


NISAとは、個人投資家のための新しい税制優遇制度です。
この制度は、英国の個人貯蓄口座ISA制度を参考にした少額投資非課税制度であり
日本全体(NIPPON)で、ISA制度の普及・定着に取り組むという趣旨から
「NISA(ニーサ)」という愛称で呼ばれています。


これまでの通常口座(特定口座/一般口座)では
株式投資や投資信託の売買で得た「譲渡益」、「配当金」、投資信託の「分配金」には
税金が約20%発生しますがNISAでは毎年100万円の非課税投資枠が設定され
株式投資信託・上場株式等の譲渡益や配当等が非課税対象となります。
ただし、他の口座で発生した譲渡益や配当等との損益通算はできません。


日本に住む20歳以上の方が使え、開設できる口座は一人につき1口座とされています。
また、2014年から2023年までの時限制度となっています。
制度としては毎年100万円の投資(新規に購入した株式や投信のみ)については
5年間の譲渡益、配当金、分配金が非課税となります。
(毎年100万円までの投資で総額500万円までが制度の対象となります。)
投資後の売却はいつでも可能ですが、購入分を全て売却したからといって
非課税枠の再復活というのはありません。


5年間保有を続けて非課税期間が終了しても、まだ持ち続けたいという場合には
引き継いで次の非課税期間(さらに5年)へ移行することが可能ですが
それは時価で100万円分のみとなります。仮に2014年に100万円で買った株が
時価300万円になっていたとします、2019年に引継いで移行する場合は
300万円のうちの100万円分が再び非課税枠として引き継げますが
残りについては非課税となりませんので、ご注意ください。



加藤