自計化という言葉はどうも、会計業界の俗語のようです。意味は「自社で経理業務を行うこと」。
 近年会計ソフトの開発が進み、いわゆる簿記がわからなくても数字の集計ができるソフトがどんどん出てきていますが、完全にソフト頼みで完結できるものは未だないようです。
 しかし、経営者が経営の判断を行うにあたり、完璧な財務諸表って必要なのでしょうか?もちろん完璧な財務諸表に越したことはないと思いますが、意思決定する上でそれは必要ないような気がします。
それよりも重要なことは、ただ単に数字を集計することではなく、計画を立て、それを達成するための戦略を練り、実行し、結果どうなったか、そしてそれに基づいて次の戦略を立てていくというPDCAサイクルの中に組み込まれ、次の一手に役立つものにすることです。      
経営する上での判断材料は「お客様のリピート率」、「人員の稼働率」等など色々なものがあると思いますが、「貨幣」という単位で把握できる資料はやはり会計ではないでしょうか?
自計化の価値はそこにあると思います。
もちろん、会社の規模等の理由で自社で経理を導入することが難しいこともあるかと思いますが、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


金田 豊樹