生命保険業務

  • 生命保険
  • 損害保険

経営者の万一から企業や従業員や家族を守る!

  • 自分に万一があった場合、企業がどうなってしまうか想像したことはありますか?
  • 企業経営において、なぜ生命保険が必要なのかご存知ですか?
  • 本当に必要な保障額はいくらかご存知ですか?

生命保険加入でリスク回避!

なぜ自動車保険に加入するのか?

企業経営も車の運転と同じです!

中小企業の場合、経営者個人の信用で商売が成り立っており、
経営者自らがトップセールスマンであるケースが多くこのような経営者に万一があった場合、大変な経済的損失を被り、企業崩壊を招き ひいては従業員や家族は一瞬にして路頭に迷うという最悪の結果となってしまいます。

生命保険に加入していない場合に、経営者に万一があった場合の悲惨な顛末

必要な保障額をきちっと算定し生命保険に加入すれば経営者は安心して本業に専念できます!

◎経営者に万一が起きた場合の3つのパターン

  • @後継者がいない状況で、経営者が死亡した場合(=廃業する場合)
  • ・死亡時から廃業までの数か月間の従業員給料や家賃等の固定費を保険金でカバーできます。
  • ・銀行借入金、リース、ローンの残債を保険金で一括返済できます。
  • ・受け取った保険金にかかる法人税等の税金分も考慮して生命保険に加入すれば保険金で税金を支払うことができます。
  • ⇒それまで会社を支えてくれた従業員、取引先、銀行などに迷惑をかけずに廃業できます。
  • A後継者がいる状況で、経営者が死亡した場合(=後継者に事業を承継する場合)
  • ・後継者が事業を引き継いでから、軌道に乗るまでの数か月間の従業員給料や家賃等の固定費を保険金でカバーできます。
  • ・銀行借入金、リース、ローンの残債を後継者に背負わせずに保険金で一括返済できます。
  • ・受け取った保険金にかかる法人税等の税金分も考慮して生命保険に加入すれば保険金で税金を支払うことができます。
  • ⇒経営者が死亡し「残ったのは借金だけ」という最悪の事態を防ぎ、次の世代が安心して事業承継できます。
  • B重大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)にかかった場合
    (=治療に専念し、その後職場復帰する場合)
  • 重大疾病にかかってから職場復帰までに必要とされる、以下の会社のお金を保険金でカバーできる。
  • ・療養中の経営者の役員報酬や、従業員給料・家賃等の固定費
  • ・銀行借入金、リース、ローンの支払い
  • ・受け取った保険金にかかる法人税等
  • ⇒職場復帰までに必要な会社のお金を保険金でカバーできるので、安心して治療に専念できます。

当会計事務所が行う生命保険業務はココが違います!

Point1

会計事務所は、月次監査や決算を通じて、借入金の状況、固定費の状況、資金繰りなど、企業の具体的な数字をタイムリーに把握しているので、試算表や決算書から本当に必要な保障額を正確に算定できます!

Point2

生命保険加入後のメンテナンスには、定期的なリスクの提示とそれに見合った保険商品のアレンジが必要となります。それができるのは、長く変わらず企業の経営数字を把握している会計事務所だけです!

Point3

経営者に万一があった場合、保険金受け取りの手続きもさることながら、受け取った保険金を、経営の視点、税務の視点から今後どのように使うべきなのかアドバイスできるのは、企業の経営内容を熟知している会計事務所だけです!

企業の経営数字を把握している我々会計事務所が経営指導の一つとして生命保険の活用をアドバイスします!

  • 税務会計・経営
  • 相続
  • 保育所・こども園会計
  • 社会福祉法人会計
  • 報酬料金表
  • 事務所案内
  • お客様紹介
  • 塚本会計ブログ
  • 塚本会計通信
  • スタッフ紹介
  • 補助金・助成金申請
  • 損害保険業務
  • 不動産有効活用
  • 生命保険業務
  • キャッシュフローコーチ